工人の歩み

名もなき雑草のごとく土とともに在り 土によって生き
空に浮かぶ雲のように とらわれない自由な心で作陶していきたい
そんな願いから「艸雲窯」と名付けました

職人さんの写真

千葉 征彦(右) 千葉 かよ(左)

盛岡でのサラリーマン時代には
仕事柄伝統的な物づくりの世界に触れる機会が多く
手仕事への秘かな憧れも抱いていたが、
『盛岡手づくり村』建設プロジェクトに参加して
そこでひとりの陶芸家と出会い色々な示唆を受けた事が
陶芸の道に進む直接のきっかけとなった。

既に40歳を過ぎていたが、
平成元年に妻と二人で瀬戸市に移住し
愛知県立瀬戸窯業高等技術専門校に入学し陶芸の基礎を学ぶ。
卒業後は岐阜県土岐市の山田正和先生に師事し、
陶芸家として独立するためのプロの技の手ほどきを受ける。
師匠の許可をもらい
平成3年郷里の岩手県大船渡市にて
『陶房艸雲窯』を開窯して独立。

2011年の東日本大震災で三陸沿岸地域は壊滅的被害を受け
当工房も津波の被害こそ免れたものの
地域の環境が一変したため事業の再開を諦めかけたが
長野県佐久市の方々を始め多くの人々のご支援・ご協力により
2013年10月より再び創作活動をはじめる。
震災を通じて
『人間が考える事やその造形物がいかに不完全で未熟なものか』を痛感。
これまで以上に《自然》に対する畏敬の念を忘れず、
《自然》を師として“雰囲気”や“味わい”を大切にした作品づくりを
心がけていきたいと思っています。

アクセス

陶房艸雲窯

〒022-0006 岩手県大船渡市立根町字中野30-2
電話/FAX (0192)26-4614
【電車で】JR盛駅から車で8分。
【バスで】大船渡東高校前から徒歩1分(岩手県交通)。
【お車で】三陸道大船渡ICから車で4分。
MAIL m-chiba@vanilla.ocn.ne.jp
URL http://soungama.com/